漆お米作り~田おこし

十義!

いよいよ!十義塾農業部始動!!

今年もおいしい十義米を作るための準備が始まりました。
先週・・蒲生町漆
美魔女農業部長が、パワフルマンを露払いに
そして若頭を太刀持ちに従えて、
堂々の現場入りを果たしました。
先週は、コメ作り準備ステップ1。
「田おこし」でした。
なんと・・
この日ついに美魔女が、
2年間封印していた農業魂を解放したのです!
これまで農業未経験の男どもの情けない姿を見続けてきた美魔女。
その我慢ももう限界!!だったに違いない・・。
「3年目からは私についてきなさい!」と
言わんばかりの迫力で、先頭をきってさっそうと
真っ赤なマシーンにまたがり
グイッグイッと田んぼのレンゲソウを
土の中にねじ込んでいったのです。
今年もお世話になる「漆の農業プロ」も思わず・・
「きっと今年は今までで一番よかコメがでくっかも」と
おべんちゃらを言うのが精一杯だったというから・・すごい!!
十義塾全員っ。ついていきます!!
13263900_1816387051917468_7740073866569766535_n[1]
13307322_1816389551917218_6964888661398926522_n[1]

漆お米作り~種まき

そしてきょう。蒲生町漆。
コメ作り準備ステップ2「種まき」でした。
きょうは、私がひとりで参加。
午前8時30分に現場に着くと、漆の農業プロが
「きょあ、ひといや(一人か)?」
ああ、ひとりですよ・・何か!?
「先週が横綱やっとすっと、今週は幕下付け出しやんね」
まあまあその通りですけど、種まきも初めての経験ですけど・・
来た早々でかい声でいわれるとねえ。

まあ、気を取り直して、苗床の種まき作業を開始。
なんと、800箱作るんです。(もち米含む)
これを東京ドームに換算すると・・・じゃなくて、
基本1反の田んぼに必要な苗は15箱から18箱。
単純計算で45反から55反分の苗を作るんですね。
といってもピンと来る人は少ない・・よね。
まあ、いずれにしても
気が遠くなりそうな箱数なのです。でも、
クボタがいいマシーンを作ってるんですねえ。
土・種・土の順番にプレートに自動的に流れてきて、
それを積み上げる。
その微妙な具合を図りながら作業が進んでいきます。

「昔は、手作業やったから大変やったよ」
さっちゃんが言えば、
「でも今と違ごっせえ、人ん手もわっぜえあったでやなあ」
叔父が答える。
手を動かしながらそんな会話を耳にしていると、
この人たちの世代がいなくなると、私の周りに
こういう作業の光景がなくなるような気がして・・・、
でも自分には何もできないような気がして・・・、
なんだか一瞬一瞬が、
現在の時から貴重な過去に移り変わっていって、
ここで捕まえておきたいけど、
それができないもどかしさがあって。
やっぱり、幕下付け出しには力不足です。
せめても、私たち十義塾みんなで、
この素晴らしい日本人の営みを知り、経験し、
それを少しでも後世に伝えていければと
あらためて思いました。
「さあ、いいコメをつくるぞ!!」

*お手伝いご参加大歓迎!!
  漆の素晴らしい自然の中でコメを作ってみないか!13315564_1816395928583247_4328218228420363669_n[1]
13245223_1816395991916574_1715040258791263577_n[1]
13260248_1816395841916589_8662968729564128495_n[1]

黒島神社

十義!

黒瀬の集落をさらに奥まで車を走らすと、
5分もたたないうちに、左側に大きな鳥居と
こんもりとした森が見えてきます。
黒島神社。
鹿児島県内でも有数のパワースポット神社です。
開闢は和同元年。って何年?
西暦709年だそうです。今から、1307年前!
これだけ聞いても何か霊験あらたかな感じがしますね。
立派な鳥居と古いけど厳かにたたずむ本殿。
せせらぎにかかる苔むした石橋。
とても癒される空間です。

自治会長さんは、鳥居までの参道を
桜の木でいっぱいにしたいと、自費で80本植えました。
東京の表参道にも負けない、黒瀬の「表参道」
桜が咲き誇る「表参道」。
自治会長の目にはもう桜が咲き誇る風景が見えているようです。
新たな箱もの観光地を作るのではなく、
地元に埋もれている宝を掘り起こし、
人に来てもらえるように磨いていく。
とても素晴らしいことですね。
若い女性が2人。ふらりとやってきました。
「一度来たらとても良かったので、友達を連れてきました」
ほらほら自治会長。すでに口コミで広がる気配ですよ。
どんどん磨かなきゃ!!
13267738_1815045025385004_3006213861564549995_n[1]
13239890_1815045325384974_6254228105013485171_n[1]
つなし丸②

聞いてみっが!黒瀬地区

十義!

限界集落・・・。
そんな言葉を住んでいる人たち自らが言ってはばからない。
姶良市山田の黒瀬地区。
5月の「聞いてみっが」でお邪魔しました。
地区の平均年齢は70歳をゆうに越え、
「70歳でも若ぇほうじゃがよ」
と大笑いしながら言う自治会長の言葉も
あながち嘘ではないのです。
そんな高齢者の自治会なのに、
なんとかこの地区を「変えんないかん」と張り切る
自治会長さんが声をかけていただいて、
なんと20人以上の方々が集まってくれました。
買い物弱者や病院通い弱者の問題。
高齢化の問題。鳥獣被害の問題。
どうにかせんかと叩いてみても、まったく響かない行政に
人生の大先輩たちはあきらめ顔です。
ちょっと希望のある話などしましたが、焼け石に水だったかも。
でも、とてもいい座談会ができました。
黒瀬のみなさんありがとうございました。

ここ黒瀬地区には約1400年前に開闢した神社が
あります。それは、この後で・・・。
13238898_1814613128761527_6334690689589229125_n[1]
13254176_1814613275428179_85655919199146648_n[1]

朗報!ヤッセン…と思っていたら⁈

ドラゴンフルーツ

鉢植えのドラゴンフルーツは、お伝えしたとおり順調ですが、ヤッセンと思って地植えした2株の一つから、ご覧のように小さな若い芽が二本出てきているのに朝水撒きしている時に気付きました。
虐げられていても実力を持っているモノは逆境でも確実に成長を続けているのですね。
ドラゴンフルーツ
中央の拡大写真!
ドラゴンフルーツ
確かに見えますね。
2センチくらいでしょうか。
周りの新芽達はサラダ菜の若芽たちです。