桜の下でライブ!

十義!
シンガーソングライターの一花さん。
独特のハスキーボイスで
いまや大人気の若手女性歌手です。
その一花さんが‥
なんと!桜が咲き乱れる蒲生の白男に
やってきました。
咲き誇った桜の下でビールで乾杯!
クーッと飲み干すと・・
「気持ちいいから、歌っちゃおうかな!」
サプライズのギターの弾き語りライブの始まり。オリジナル曲「灯」
力強くも切ない曲調で2番までフル。
深い山あいが天然のコンサートホールになり、絶妙な反響で音が増幅していきます。
桜に青空に素敵なプロの歌。
とっても贅沢なひと時を頂きました。
夏、ここで一花ちゃんのライブコンサートやっちゃいますか!ね。

12670804_1790108101212030_5692591583157232509_n[1]1916246_1790108087878698_2094658510481507497_n[1]12321375_1790108104545363_5258080242905875093_n[1]

プロ野球開幕!

十義!
きょうは、金曜日。かごピタ!のOA日です。
きょうも是非ご覧ください。
与論島の素晴らしい風景が見られますよ。
しか~し!
きょうは、16時50分までなのです。
なんときょうは、プロ野球の開幕。
17時からは巨人ーヤクルト戦の開幕セレモニーが
あるので、かごピタ!は短縮放送。
私のコーナーも休止です。

さあ、いよいよプロ野球開幕ですが、
我がタイガースは今年はどうでしょう。
金本監督のもと、横田!いいですねえ。
鹿児島出身として、ぜひ今年は花が開いてほしいものです。
ルーキーの高山もいいですよね。
今年は、世代交代がぐっと進むのかもしれませんね。
開幕投手はメッセ!たのんまっせ!

12799190_1786234478266059_2076521672950512585_n[1]

つなし丸

十義!

雨が降っていますが、今日は2週間ぶりの「かごピタ!」
もう3月も中旬。もうすぐ新年度なんですね。
新たな旅立ちの時期です。
そんな時期にあわせて、きょうのコーナー、
お伝えしたいと思っています。
是非、ご覧ください。

それと、お知らせ!
わが十義塾にかわいくて生意気なキャラクターができました。
「つなし丸」です。どうぞよろしく!
ネコです。
なんで「つなし丸」かって?
十義塾の十に関係してるんです。さあ、分かるかな?
10歳の次女が名付けてくれました。
いろんなところでお目にかかると思いますが、
ちと生意気です。どうぞよろしく。

1479460_1782062598683247_4676248611632462636_n[2]

触田地区の「ハナモモ」の里

十義!
姶良市の触田地区。山間の小さな集落に、とっても綺麗なエリアがあるんです。「ハナモモ」の里。
今日、ここで盛大に花見が行われました。地元の自治会長さんからお誘いを受け、去年に続き今年もお邪魔しました。なんと600本。まだまだ背は低いですが、白やピンクの可愛らしい花をつけて、いま6分、7分咲き。とても華やかなエリアになっています。
しかし、どうやって行くの?と聞かれてもなかなか言葉では場所を説明しづらい丘の上。そのために案内板を道々に作ってはいるものの、手作りであんまり目立ちません。観光スポットになり得る所なのに残念なんです。
ここはいっちよ、行政が一肌脱いで市の宝ということで、案内板一つでも立てなきゃ!と思うのですが、自治会長によると、カネがないの一点張りだそうです。
もったいない!地元の住民がこんなに一生懸命名所を作っているのに‥なんでのっからないかなあ。隠れた名所を磨いて発信する。ハコモノ作るよりまったく安上がりでできるアピールだと思うのですが。
10329046_1779655865590587_1616842938023853744_n[1]
12821411_1779655882257252_513436914364639667_n[1]
12814520_1779655885590585_5993123772282915087_n[2]

日本人が忘れてはいけない日

十義!

おはようございます。本日のかごピタ!は、
放送休止です。
東日本大震災の特番があるためです。
5年前のきょうは、日本テレビの30階で仕事していました。
震度3くらいの揺れは毎日のように起きている東京。
しかし、その日の揺れは本当にすごいものでした。

5年経った今でも、仮設住宅暮らしを余儀なくされている
被災者の方々思うと、胸が詰まります
日本人が決して忘れてはいけない日。
それがきょう、3月11日だと思います。
災害は、いつ起きるかわかりません。
自然災害に太刀打ちできるほど、
人間には大きな力はありません。
自助・共助・公助。
最後の公助がおろそかであれば、住民は救われないのです。
しかし・・
「災害なんて100年に1回、起きるか起きないかだろ。
それに向けて準備するのは、金と時間のムダ」と
言ってのけた行政の幹部がいます。愚の骨頂です。
12805839_1778670659022441_8810064073659717324_n[1]
10437559_1778670845689089_5417172381024041724_n[1]