目に見える形

十義!
日置市役所すぐ近くのオリーブ専門店。「Vigore(ビゴーレ)」
日置市が力を入れているオリーブ事業が、
目に見える形として誕生したショップです。
中に入ると素敵な店員さんがお二人。
スペイン産のオリーブとイタリア産のオリーブを
それぞれパンにつけて試食させてくれました。
あっさりとしたイタリアオリーブ。
コクがあってビターなスペインオリーブ。
食べ比べたのは初めてでしたが、明らかに個性が違います。
う~ん甲乙つけがたいが・・イタリアオリーブを購入。
なんと、焼き魚や冷奴につけても美味しいとか・・知ってました?
私、結構オリーブ好きで、家族でイタ飯やに行っても、
付いてきたオリーブを全部ひとり占めします。
オイルも好きです。
かけすぎる!といつも家内に嫌がられながら楽しんでいます。
5%割引のカードもその場で作ってもらえますよ。
特産ブランドができあがるときのワクワク感が、
2人の素敵な店員さんの表情に見て取れました。
 11165252_1668998656656309_4846457938726536974_n
 

カリスマ市長訪問

十義!

朝8時。オリーブNさんと事務所で待ち合わせ。
鹿児島市の西に隣接して、いまやオリーブで超有名な・・・
そう「日置市」に行って参りました。
日置市をぐいぐい引っ張る、
あの宮路市長にお会いするためです。
伊集院町長時代と合わせて、なんと23年間も
日置市を牽引している宮路市長。
そのパワーと魅力はどこにあるのかとても興味津々でした。
絶対お会いしてお話を聞いてみたいリーダーのおひとりだったのです。
午前9時30分!!
日置市役所の2階、市長室の応接室で待っていると、
伊集院高校の野球部でピッチャーでならした
がっちりとした体格の市長が笑顔で登場しました。
「県大会で延長18回まで投げたのが自慢なんだよ。」
屈託のない笑顔の宮路市長。私たちは一気に緊張感から解放されました。
とても和やかにお話が進み・・・。
「リーダーというのは基本的には市井の中に身を置いているものだよ」
長年リーダーとして存在できる理由を聞いたところ
間髪入れずに、このような明快なお答えが返ってきました。
市民の声を聴き、市民のために何ができるか・・
23年間そればかりを考えてきたと市長は言います。
40歳の時に初当選してから、
常に伊集院と日置市のトップに君臨するリーダーは、
とても庶民的で、市民から手の届くところに身を置く方でした。

「減っていく人口にはどうしても太刀打ちできないから、
これからは減り幅を減らしていくしかないんだよ。」
人口減少にとても頭を悩ませていると宮路市長は言います。
「姶良市はまだ恵まれている」と・・。
「しかしこのまま放っておくと、必ず衰退していくのは
目に見えているよ」と警鐘を鳴らします。
「少子化と高齢化の波は誰も止められない。
でも姶良市は、いまでも手を打てるかもしれないから恵まれている。」
そう続きます。
また、合併後の市役所職員のモチベーション維持と
職員一人ひとりの能力の判断についても、
宮路市長ならではのアイデアを教えていただきました。
これは、今は言えません。
私も宮路市長に右へ倣えでできればと思っています。
いま、日置市は宮路市長のもと元気いっぱいです。
鹿児島銀行とタッグを組む「オリーブ」を武器に、
日本全国にそして世界に名を轟かそうとしています。
こんな前向きの自治体であれば
きっと住みたいと思う人が増えてくるのでしょう。
姶良市はこのままでいいのか?
ほかの自治体は、先に先に進んでいるぞ!

 
1471871_1668994143323427_805884925235568721_n
 
11203043_1668993866656788_4107699988043686806_n
 
11188313_1668992286656946_5591472829695740080_n
 

お米部だより 2015春

田んぼ畦の草刈り
今年もお米を作ります。周りの田んぼが綺麗になると自分たちの所が気になるもので、昨日、大将ご兄弟が畦の草刈りをしてくださいました。綺麗になりました。ありがとうございます。
田植えまでは、二ヶ月ほどあります。田植えのあとも三週間に1回のペースで草刈りは必要なようです。
美味しいお米をお届けするためにがんばります。

新しい発見

十義!
きょうは、汗ばむくらい暑い日でした。
それにしても灰が目に入って痛かったですねえ。
最近、時間があるときに姶良市内を歩きまわっています。
いい運動にもなりますし、新しい発見もあります。
1時間半ぐらいですかね、朝方ぶらぶらと・・・。
選挙活動の時にはよく歩き回りましたが、やはり
1年経つと風景が変わっていたりします。
新しい住宅地や知らないお店などもあったりしてなかなか新鮮!
おっと河川敷には鯉のぼりが気持ちよさそうに・・・・。
「思川」べりです。
棹の数が20本、それぞれに5匹が泳いでいたので、
鯉のぼり100匹・・・錚々たる光景です。
これだったら、もう少し話題になってもよかろうものを、
私はきょうまで寡聞にして知りませんでした。
それでも鯉のぼりはとても壮大!
だけどですね・・その足元の河川敷は草ぼうぼう・・・。
対岸の河川敷も草ぼうぼう・・。
「これじゃあなあ」って気持ちになります。
これは鯉のぼりを飾った方々のせいではなく、
河川敷全体を整備して、美しくして、
人が寄ってくるためにはどうすればいいのかという
自治体の行政方針にかかわるものだと思いますね。
そうこうあれこれ思いながら歩いていたら、
由緒正しき紹隆寺に到着。
重富の越前島津家代々のお墓があるところですね。
なんと島津珍彦のお墓もあるではないですか・・。
島津珍彦のことはつい最近読んだばかりだったので、
とてもびっくりしました。
すっかり親近感が湧いてしまいました。
実は私・・島津珍彦がここに眠っているということを
まったく知りませんでした。きょう、初めて知った次第です(恥)
歩くと知識もついてくるんですね。
姶良市にはこんなスゴイ歴史的財産あるのになあ、
なんで教えてくれないんだろう。発信しないんだろう。
そんなことばかり思いながらのウォーキングでした。
(あっ!歩いているのを見かけたら声をかけてくださいね)

 
11150142_1666857093537132_9070534123363221748_n
 
11138651_1666856996870475_5770790360123054876_n
 

あれから1年

十義!
今週も「かごピタ」をご覧いただきありがとうございました。
これ、新しいポスターです。4月からお目見えしています。
撮影は、しんどかったですが、またまたキッチュな
出来栄えに感心しきりです。
市長選挙から1年が過ぎようとしています。
もう1年なのかまだ1年なのか・・・
去年の4月20日。皆さんからの熱い応援もむなしく
私の努力不足で失意の結果になりました。
あれから1年。生活の立て直しと気持ちの立て直しに
邁進してまいりました。まだまだ、しんどい生活は続いていますが、
多くの方々のお力添えでなんとか折れずに頑張っていけてます。
いつも近くにいて励ましてくれる十義塾のコアスタッフの皆さん。
朝に夕に、物心両面で励ましてくれる、十義塾会員の皆さん。
いつもイベントを見に来てくれる多くのみなさま、
本当にありがとうございます。
姶良市在住の鶴丸高校の先輩方。
いつも激励の飲み会をありがとうございます。
そして、なんといっても「かごピタ」への出演を勧めてくれた
KYTの社長には大感謝です。
今後も十義塾の活動をより深化させて、会員の皆さまとともに
鹿児島県そして姶良市民の活性化のために
頑張っていきたいと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。

11146250_1665137507042424_639919308362152419_n