「田辺鶴瑛介護講談」いよいよ明日!


 
 
いよいよ明日に迫りました「田辺鶴瑛介護講談」
本日、田辺さんは姶良入りいたします。
スタッフとしては当日の準備も一段落し、あとは明日のリハーサルを残すのみとなりました。

落語家といえば男性のイメージが強いですが、講談師といえば女性といったイメージがあります。
実は現在プロの講談師として活躍する女性の割合は約半分で、若手の講談師のほとんどが女性なんだそうです。

講談の世界の女性進出が著しいのは落語が役を演じることに対して、講談は第三者として話を進めるストーリーテラーという違いが関係しているのかもしれません。女性の声はよく通りますし、読み聞かせの世界も女性が多い気がします。

田辺鶴瑛さんの講談は独自の「介護講談」です。身近なテーマを講談という手法で見事に講釈いたします。
当日券もご用意しております。
プロの講談師の方の語り口を当日会場にて是非お楽しみ下さい。

ママウンサー、おっかもとやすよで~す!

十義!
平日の午前中。ドルフィンポート。
人影もまばらな2階のデッキから、
鹿児島で一番元気なママの声が響き渡ります。
「5人の子育て中のママであり、アナウンサーとして奮闘中の
ママウンサー、おっかもとやすよで~す!」
そうです!きょうは、あのかごピタで大活躍中の
岡本安代さんと一緒でした。
ところで、
今週末の日曜日は、いよいよ「田辺鶴瑛さんの介護講談」です。
ちょっと天気が怪しそうですが、この講談は絶対に見逃せません。
抱腹絶倒の介護講談。
これから先も、鹿児島ではめったに見られない貴重な芸です。
お天気が少し悪くてもぜひ見に来てくださいね。
さあ、元気いっぱいの岡本安代さんです。
実は「きらめく女性たちシリーズ」の第4弾にお迎えするのです。
子育てママ、子育てパパに元気と勇気を与えるイベントにしたいと
思っています。
姶良市には、多くの子育て中の若いパパやママがいます。
私たち十義塾では、そんな子育てパパ・ママを応援したいと
思っています。
ぜひ、岡本安代ママウンサーの講演で元気を注入してください。
7月5日の予定です。場所は確定したらお教えしますね。
きょうは、
その、PRVを作成するためのロケでした。
最初っから笑いっぱなしの楽しいロケ。
敏腕デザイナーMくんも、ありったけの機材を持ってきての
大奮闘です。安代さんも感動のまなざし・・。
オシャレな喫茶店のオープンテラスを借りての撮影。
岡本さんに、まさにまさにぴったりのロケーション。
この模様は、近いうちに十義塾のHPにアップしますので、
楽しみしてください。
それにしても、上は中学生から一番下は5歳まで、
5人の子育て真っ最中でこのパワー。
どこから来るんでしょう・・このエネルギー。
ロケが終わると、「メシどうしま・・・す?」と
言い終わらないうちに、学校の行事にすっ飛んで
行かれました。
「安代さん、おつかれっしたぁー。7月は、しくよろっす!」
 
10301449_1640802509475924_324694389178267686_n
撮影に快く協力して頂いた、ドルフィンポートのクーツ・グリーンティーさん。
有難う御座いました。お茶も大変美味しく頂きました。

 
 
11017511_1640802616142580_3366222981993335924_n
 
 
1513776_1640802729475902_7324853447600929616_n

 
 

自治体改革プロジェクト

十義!
昨日、とても高名な研究会に参加して、
講演をさせていただきました。
「自治体改革プロジェクト」の定例会です。
大学の教授や准教授の先生方が、
地方自治のことを研究されている会です。
鹿児島県の名だたる大学の先生方が勢揃い。
今まであんまり経験したことのない雰囲気の中で
湯元十義塾のコンセプト、活動状況、地域の変化や進化など、
1時間ほどお話をさせていただきました。
実地経験しかない私の話は、大変稚拙な内容だったかもしれません。
でも、先生方はとても熱心に聞いてくださいました。
講演後の姶良市に特化した議論も盛り上がりまして、
現状や課題など多岐にわたるお話ができたと思います。
十義塾からは、パワフルマンNさん。事務局長、美魔女Mさんが
オブザーバーとして出席。
会の後半では、みなさんも意見開陳の機会をもらえるなど、
とても有意義でした。
学者の先生方が地方自治や自治体改革に対して、
どのような課題で研究をされているのか、
どのような視点で学問をされているのか
とても興味のあるところです。
そのことも十分に満たされた会合でした。
これを機にどんどんコラボしていければと思っています。
ありがとうございました。

人脈

十義!
今週のかごピタ。ふるさと納税の解説をしました。
いかがだったでしょうか?
そして昨日は、OA前に旧交を温める時間をいただきました。
日本テレビの後輩が、出張でKYTに来たのです。
ネットワークの部署にいて、何やら日テレ系列の調整作業という
こ難しいお仕事で鹿児島に来たようです。
ほんの30分ぐらいでしたが、今の日本テレビの様子や
思い出話などに花が咲きました。
久しぶりにサラリーマン的な会話をしたような気がします。
「かごピタの放送をみせさてもらいますよ」と色白の顔がニヤリ。
記者時代の後輩ですので、出演者としての自分を見られるのは、
ちっと恥ずかしい感じもしましたが、
まあ、そこは堂々と先輩面でやらんとね。と思って・・・。
私には、30年間で培った人脈が日本全国に数多く存在しています。
これはお金では買えない私の至宝です。
こんな日本のすんくじらにいても、深く根を張った人脈は
そう簡単には枯れないのです。
きょうは午後から、
鴨池の労働者福祉会館で講演をさせてもらいます。
大学の先生方がお相手です。
地方自治や町づくりが、学問としてどのように研究されているのかを
知れるいい機会ですので、楽しみです。そして、これも人脈!
しっかりと将来のために根を張りたいと思っています。

おしゃれ田舎

十義!
おはようございます!。
かごピタOA日の朝です。早いもので20回目のOAです。
ここまで無事これ名馬で乗り切れていますかねえ。
さて、昨夜、家内がラインで送ってきた新聞記事。
東京新聞の記事です。
志布志市が何やら大きな仕掛けを始めたということなんです。
「おしゃれ田舎」というコンセプトで全国に発信するんですね。
本田市長をはじめ市役所もどっぷり絡んでの
市を挙げての突進に見えます。
これなんですね。私の目指すのは。
行政が前つんのめりになるぐらい勢いを示して
全国紙で発信!(この記事は九州版ではないんです。)
それを民間が追っかけ、民間の柔軟な発想が後押しする。
行政がそれを逆に補助金などで下支えする。
この歯車です。このシステムです。
それをやろうとしている志布志市民は本当にうらやましい。
東京から移住してきた「よそ者」の発想を素直に受け入れる
柔軟な姿勢に本気度を感じます。
「よそ者。若者。ばか者」を排除してはいけないんですね。
是非成功して先件事例を作っていただきたいと思います。
本田市長!久しぶりにお会いしたいですね。
近いうちに、ぜひご教授願います!