どんと祭り見聞録 その2

十義!

どんと祭りで見逃せないのは、何といっても
「太鼓集団 蒲生郷太鼓坊主」(てこぼうず)ですね。
太鼓の響きも素晴らしく、
10代、20代の若い人たちの躍動するパフォーマンスに、
私はいつもじんわりと涙が出てきます。
今年の年越しもそうでした。
寒中、日本一の大楠の前で繰り広げられる熱気あふれる演奏に、
涙なくしては見られなかったのです。
どんと祭りでも多くの観客を魅了していました。
これは聴くと、必ず心に響いてきます。
ぜひ機会があったら皆さんも演奏に触れてみてください。
感動しますよ。
 
1399609_1593962367493272_5485393718897760783_o
 
終了後、太鼓坊主リーダーの内村さんと握手しました。
「なんで涙が出てくるんでしょうねえ」と笑いながら言ったところ、
「あなたがいい人だからですよ」と、
また涙が出るような言葉が返ってきました。
素晴らしい人たちが伝統を受け継いでいるなあと
感じた瞬間です。
そんな感動のどんと祭り。
実は、市からの補助金が来年から削られるそうです。
(たった)200万円だったのが、さらに削られるそうです。
文化や伝統は一朝一夕にはできません。
長い継続と引継ぎが大切なのです。太鼓坊主はやっと28年たったばかり。
これから、50年、100年と続けて姶良市の文化芸能にしていかなければ
ならない素材です。
時の為政者の興味の具合で左右されてはいけないと思います。
続けるためには、行政の助けと地元の応援が必要です。
正直、こんなところを数十万削ったところで、
財政の根本が立ち直ることにはならないと思います。
それよりも、大切な文化の芽を断ち切ることが、地域の損失に
なると思うのです。
 
1511543_1593961980826644_108357706326153328_o

どんと祭り見聞録 その1

十義!

行ってきました!鹿児島の奥の院、蒲生郷で行われた秋のどんと祭。
今年も盛り上がっていましたよ。
私は、去年も行ったのですが、去年は選挙絡みで
おとずれたので、祭りを楽しむ余裕はありませんでした。
ですので、「どんと祭り」をお祭りとして楽しめたのは、
今年が初めてです。
蒲生小学校には多くの出店が立ち並び、お客さんも売り子さんも
元気いっぱい。笑顔です。
60代、70代の多くのお姉さま方から声をかけられました。
 
10687892_1593956927493816_6668605433449678372_o
 
「活躍しちょんねえ」「テレビ見てるよ」
「ニュースが分かりやすいねえ」
とうれしいお言葉・・。
これまでは、多くの方からは
「もうちょっとやったねえ。残念やった」
「もう東京に帰っちょったち思ったが」の声が多かったので、
本当に「かごピタ」に感謝です。ありがとうございます。
頑張ります。
あっ、どんと祭り・・。
ちょっと階段を上って、ふるさと交流館に行きました。
そこには・・・わが十義塾の美魔女が着物姿でおらっしゃる。
美・美魔女のお姿をして、お茶のお点前を披露していましたぁ。
いつもと違う・・・いや、いつもと同じ楚々とした振る舞いに
得も知れぬ非日常を感じました。(感想がおかしい??)
 
1397602_1593957560827086_335125960929091158_o
 
蒲生は、姶良市の中でとても元気な地域です。
若者が積極的で、外からも才能を持った方々が多く移り住んで
来ています。地元の人たちとうまく融合して、
町を活性化しているのです。
大切にしていかないといけない地域です。

宇都自治会の消防防災訓練

十義!
日曜日。
姶良市の宇都自治会で行われた消防防災訓練に参加しました。
朝8時半。
帖佐稲荷神社には約100人の住民が集まりました。
ここの自治会でこのような訓練をするのは初めてだそうで、
自治会長さんも気合が入っていましたよ。
小さなお子さんからお年寄りまで参加していまして、
まず、稲荷神社から帖佐小学校までの避難経路を歩きました。
自治会の訓練は、
小学校や中学校で行う訓練とまた違うんですねえ。
老若男女、いろんな世代の方々が歩きますから、
歩くスピードも違い、それぞれで見える風景も違います。
杖をつくおばあさんを助けながら、
また、小さな子供の手を引きながらの訓練に
同じ距離を歩く避難でもいろいろな課題があるんだなあと
改めて思いました。
「住民が、こうやって顔を合わすだけでもいいんだよ」
自治会長が、その狙いの一端を教えてくれました。
少子高齢化が進み、自治会の維持が難しくなる中、
ご近所の絆を守ろうとする活動に敬服いたします。
良い機会を与えてくださり、ありがとうございました。

10697190_1593688607520648_1412583099424363815_o
 
10712538_1593689037520605_4364585730647120820_o
 

竜ヶ水そば

十義!
鹿児島市と姶良市の中間に位置する竜ヶ水。
いつもは、時速60キロくらいのスピードで、
通過するこの地域に、行ってみたかった隠れた名店があります。
国道10号沿いで、JRでも竜ヶ水駅から間近。
とても便利で目立つのに、
あんまり立ち寄ることのない、不思議なエリア。
やっと、やっと行けました「竜ヶ水そば」です。
錦江湾の潮に洗われて少しすすけた感じの看板に、
B級感が漂います。
暖簾をわけて入ると、元気な大将と明るい女将さんの
「いらっしゃい!」の声。
気になっていた初めての空間。
横に長い店内は、車窓から見ていて想像していたよりも、
ずっと広くて、清潔感にあふれていました。
(ごめんなんさい)
窓の外には、錦江湾と桜島。
鹿児島の自慢の風景が、惜しみなく広がります。
さっそく、
天ぷらそばをいただきました。あっさりとしていてとても美味!
お稲荷さんもついて、850円。安い!うまい!
素晴らしい借景と美味しいそばで、大満足です。
竜ヶ水がまた好きになりました。
姶良にもこういった隠れた名店はたくさんあります。
だけど、みんな上品で控えめな方ばかりなので、
あんまり自分から「うンめど」って言いませんね。
そのかわり私がどんどん発信していきましょう。
午後1時過ぎていたのに、
どんどんお客さんが来て大忙し!
最後に大将と女将さんにちゃんと挨拶ができませんでした。
「美味しかったです。また来ます。」

10700405_1593649330857909_2721741800249788363_o
店内の様子

今週の「ピタっと教えて!」はお休みです。

十義!
おはようございます。
今週は、「かごピタ」が短縮バージョンです。
15時50分~17時55分まで。日米野球がある関係で
1時間早く終わります。
みなさん、お気を付けあそばせ!です。
そのために、私のコーナーはありませんです。
番組には出演させてもらいますが、
コーナーない分、今週はちょっと楽をしています。
いやいやしかし・・
永田町の政治情勢は大変なことになっています。
「内閣改造をするほど総理の権力は下がり、解散をするほど上がる」と
安倍さんの大叔父である佐藤栄作首相は考えていた様です。
安倍さんもそれにあやかり、局面を打開して、
さらに総理の権力を上げようとしているのでしょうか?
野党の方々も必死です。
選挙協力が間に合わないと右往左往しています。
腹いせに「大義名分がない」とか言っていますが、
総理の専権事項の解散に大義などあるわけもないんです。
大義を求めるのであれば、そもそも総理の専権事項で
あるはずがないですよね。
どうしたって、総理が解散と言えばそれに従うしかないのです。
常在戦場という言葉を、かっこよくいつも口にしている
衆議院の先生方。まさにその発言の真価が問われるのは今回です。
統一地方選に邁進していた、地方議員の先生方も
選挙部隊で駆り出されることでしょう。
一生懸命尽くして、4月には恩を返してもらわないといけないですね。
「政治は生き物」。
そう仰っていた大物政治家を思い出します。